女性の膝の痛み

膝の痛みで来院された、30代女性。

屈伸が出来ない。階段を上る時が痛いというのが症状です。

まず、膝そのものの話としては、

立っているだけで体重の100%、歩くと体重の200%、階段を上ると体重の700~800%掛かるといわれています。

ですから、病院では、体重を減らせ!という指導をされるわけです。

しかし、痩せている人の場合はどうでしょうか?

確かに体重が重すぎれば膝に負担はかかります。しかし、皆体重を減らせば楽になるわけではありません。スポーツをする人(過度に負荷を掛ける為)を除外すると膝痛は、比較的女性に多いといわれます。

これは、女性ホルモンの為、筋力がつきにくい事と骨盤に秘密があるんです。

女性の骨盤は、出産する為に柔らかく45歳位までは動くように出来ています。そして、膝の角度は内側にX字になるように構成されています。X字の角度が男性が平均5度であるのに対して、女性の平均角度は10~15度になります。(18度以上をX脚といいます。)

この為に女性の方が、膝の内側に負担がかかる割合が多いのです。

今回の女性の治療の場合は、骨盤が開いてお尻が大きくなっていました。お尻が大きくなっていると、膝の内側にかかる負担が更に大きくなる為、骨盤を締める治療をしました。(触って小さくなったのを感じて頂きました)後は、最初に説明したように、膝は立っているだけで体重の100%、歩くと体重の200%、階段を上ると体重の700~800%掛かるといわれています。

ですので、時間はかかりますが、お尻を小さく維持する為の方法を説明してそのための努力をする事が、治る早道だという事を伝えておきました。

女性は、出産をするシステムになっているので骨盤が動きやすい=悪い癖で開きやすい

というのがあるので、良い癖をつけるために膝の痛みが無くなるまでは定期的に治療に通った方が良いです。