坐骨神経痛の種類と治療

当院でも、多く来院される症状の坐骨神経痛

その原因と種類と治療について

【坐骨神経痛の種類】

1.根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛(坐骨神経痛の5%)

坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛です。腰椎の関節、靭帯、筋肉などに異常があって、神経を圧迫している状態です。

2.梨状筋性坐骨神経痛(坐骨神経痛の40%)
臀部にある梨状筋という筋肉が収縮・緊張して、坐骨神経を圧迫し、痛みが出ている状態です。痛み・痺れはお尻の辺りに起こりやすいです。

3.症候性坐骨神経痛(坐骨神経痛の55%)

坐骨神経痛の症状があって、しかし神経の圧迫などが見られず、原因がはっきりとわからないものを症候性坐骨神経痛といいます。

【坐骨神経痛の症状】

1.根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因で起こることが多く、足の激痛や、腰とお尻から腿の裏側にかけて痛みや痺れが多く出ます。

2.梨状筋性坐骨神経痛
この梨状筋の緊張は、外傷や立ち仕事などの刺激が原因となっていることが多いです。

3.症候性坐骨神経痛
原因不明の坐骨神経痛症状でレントゲンやMR?で特に異常所見の見られない坐骨神経痛です。

この坐骨神経痛のうち1と2の酷いものは、手術適応になりますが、2の一部は筋肉的障害になりますのでカイロプラクティック適応症で3は、自律神経緊張からくる筋緊張なのでこれもカイロプラクティック適応症になります。

坐骨神経痛の約70%はカイロプラクティックにより改善が見込まれるそうです。

ここで先日来院された坐骨神経痛の症状を抱えた男性、50代。

一年ほど前から、営業からデスクワークに移動して半年ほど前から左のお尻から太腿の裏にかけて症状があり近くの整形外科に行き、レントゲンを撮ったが骨に異常なし。

暫く、物理療法に通っていたが同僚の紹介により来院されました。当院で検査した所、左梨状筋の筋力低下が診られました。よって梨状筋性坐骨神経痛と判断し治療をさせていただきました。

坐骨神経痛は、全てとは云いませんが

虚血性疼痛(圧迫や筋力低下、神経の緊張による血液循環障害による痛み)

が多いと思います。

この男性の場合は、営業からデスクワークに移動になった事によりお尻や足の筋肉を使う事が極端に減った為、この様な症状が出現したと思われます。

ですから、運動に関して(正しく)歩く事や走る事、食事の摂取に関しての話をさせて頂き、それを実行する事がお金のかからない治癒に対しての近道だという事をお話させていただきました。