これから年末年始に向けての体調管理

これから年末年始の休みに入ります。

親戚と集まったりして飲んだり、食べたり。友人、家族と集まったりして飲んだり、食べたり。
遊んだり、会合、仕事の締め切りで忙しくて疲れて、寝違いになったり、ぎっくり腰になったりします。

それでは、休みの間どの様に気をつけたらよいのか?

年末年始にかけて飲みすぎ食べすぎをすると


腎臓
肝臓

に負担がかかります。
そうすると、アレルギー、鼻風邪、寝違い、ぎっくり腰、肩の痛み、背中の痛み、高血圧などが起きてしまいます。

では、それを起こさない為に自分でケアしていく事になります。

胃の場合、

食べる物を消化の良い物、量を減らす、良く噛んで食べる事が有効になります。

腎臓の場合、

水分の摂取の制限、塩分の摂取の制限、とうもろこし、すいか、オレンジジュースなどに含まれるカリウムを摂取することで体から余分な塩分を除外することでむくみを軽減させることが
できます。

肝臓の場合、

脂質の摂取の制限、アルコール制限、

『豆腐の味噌汁』大豆にあるコリンという物質が肝臓の働きを向上させます。
『ハチミツ』ハチミツにある特殊な果糖がアルコールを分解します。
『コーヒー』利尿作用、血管拡張によりアルコールを排出してくれます。
『ぶなシメジ』しじみの5~7倍のオルニチンが含有されます。

オルニチンは肝臓でアンモニアの代謝を行い、肝機能の解毒作用を助ける働きをします。

そうならないように気をつけてください。