肩の筋肉が柔らかいのに肩がこる

肩こりで肩を揉むというのは当たり前になっています。

肩こりの原因は、肩の筋肉が硬くなることによって起こる血液循環不良によるものという定義があるからです。

しかし、

「肩の筋肉が柔らかいのに肩がこる」

という人もいます。

これは、なぜ起こるのか?

実は、肩こりは背中の筋肉から発症しているものが多いのです。

上半身の筋肉の70%は背中の筋肉です。

この筋肉が凝って、硬くなってしまったら肩の血液循環も低下してしまって肩こりが発症します。

猫背になって背中の筋肉が引っ張られてしまうと

 

 

 

 

 

肩甲骨が上がっています。

肩甲骨が上がると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僧帽筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩甲挙筋などが、

縮みっぱなしになり、常に筋肉の緊張状態を作ってしまいます。

それが、慢性の肩こりになってしまうのです。

今まで慢性の肩こりの症状で治療させてもらった患者さんの多くは

「Thin back」の画像検索結果

背中の筋肉が薄い方が多かったです。

ですから、慢性の肩こりのある方は、背中を治療してもらいましょう。当院では必ず治療します。