肋間神経痛の考察

多くの人が罹患していて治らない肋間神経痛

では、肋間神経痛とはどういったものなのか?
症状としては、肋骨に沿って片側にでる発作性の激痛になります。原因は、不明が5割です。

原因が解っているものでは

心疾患(狭心症など)肝疾患(脂肪肝による圧迫など)すい臓疾患(膵炎など)肺疾患(胸膜炎など)肋骨骨折、ヘルペス、妊娠など

様々な原因があります。
重大な疾患であると困るので一度は病院で診察していただくと良いと思います。

では、原因不明の肋間神経痛の場合、当院ではどの様に考えるのか?

人間の肋間にも、筋肉があります。

この筋肉が収縮(緊張)したままになってしまうと、神経痛が出現してしまいます。

この部分(肋間)の動きというのが

この様に呼吸と連動しています。

ですから、肋間神経痛のある人は呼吸が浅いです。

この呼吸が浅い事を改善していくと肋間がストレッチされて血液循環が良くなり、神経に栄養が行き、正常な伝達が行われ神経痛が改善されるわけなんです。

当院では、その事を考えて治療して行きます。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。