東洋医学的に妊娠する為に一番適した時期は2月

大抵の動物には、排卵が一年に1回しかないので、その時期に妊娠して出産します。

しかし人間は、月に一回は排卵があるので、一年中妊娠、出産する事ができます。
では、どの時期がいちばん妊娠に適しているのか?

中医学では、氣が重要視されます。

陽氣が高まる時期に妊娠すると病気をしにくく、かつ父母の良い遺伝子が継承されるといわれています。

その子供を作るのに良い時期とは、

立春(2月4日頃)~立夏(5月5日頃)
(この時期がいわゆる春と呼ばれて陽の氣が一番高いといわれます)

天候は晴れ
(陽の氣が充足されている為)

夫婦仲がラブラブ
(男女は陰陽に分かれているがその二つが仲むつまじく氣が合わさる時により大きな氣となる為、新しい生命が生まれやすい)

朝に子作りをする
(睡眠を充分に取った夫婦の元氣が充実している為)

この4点がポイントになります。中医学は2000年のデータを基に統計を取っている学問なので眉唾ではありません。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。