酒やタバコは放射線より恐い?

発ガンのリスクとして

受動喫煙の女性   1.02~1.03倍
野菜不足      1.06倍
放射線100~200mSv 1.08倍
塩分の取りすぎ 1.11~1.15倍
放射線200~500mSv 1.16倍
運動不足 1.15~1.19倍
肥満 1.22倍
放射線1Sv 1.4倍
毎日2合以上の飲酒 1.4倍
放射線2Sv 1.6倍
喫煙 1.6倍
毎日3合以上の飲酒 1.6倍

(池田信夫ブログ参照)

原発に関して敏感にもなる昨今ですが普段の生活にも発ガンのリスクは多く潜んでいます。
しかも、日本人の2人に1人(50%)はガンによって死亡します。

では、なぜガン罹患率が高くなったのか?

ガン罹患率が高くなったのは、栄養過多が原因となっています。
昭和20年代の三大死亡原因の第一位は結核でした。
これは栄養不良による体力低下が招く病気で、現代においては死因になる病気から除外されているほど栄養が改善されています。

しかし、栄養問題が改善された半面、いつでも摂食できるために内臓にかかる負担は大きくなります。これによって起こるのがガンです。飲酒が多ければ肝臓ガン、大腸ガン、喫煙すれば肺ガン、刺激物、過食は胃ガンになってきます。

ですから、現代社会では適食、節制が必要になってくるんです。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。

次の記事

お知らせ