早めに来て欲しい花粉症の治療

今年ももう師走で寒くなってきました。寒くなったら次は、春が来て暖かくなります。

春になると花粉症を持っている方は、症状がでます。

当院では、花粉症を持っている方には最低でも12月には治療に来て欲しい、と伝えてあります。

今回は、花粉症について書いていこうと思います。

カイロプラクティック的、花粉症の解釈として

風邪を引いたときのウィルスが肝臓に残り、気温の上下の変化のストレスにより体調が低下して、副腎機能が低下することによってアレルギーを起こして炎症を起こしてしまう問題です。

肝臓が絡んでいるので、目の痒みや鼻詰まり、副腎機能の低下によって出る花粉による過敏な炎症が出る複合問題という風にカイロプラクティックでは考えられています。

ですから、花粉症をお持ちの方は、体感していると思いますが花粉症の時期に、肝臓に負担をかける『飲酒』や副腎機能に負担をかける『寝不足』『時差ぼけ』等があると症状が悪化するのを感じていられる方が多いと思います。

カイロプラクティックの考え方として、肝臓と副腎機能の低下がメインになるので治療は、肝臓の血液循環向上を主として行い、副腎は脳下垂体とのフィードバックがあるので、頭蓋骨を柔らかくして、全身の血液の流れが良くなるようにマッサージします。

治療自体は、どの治療でもそうなんですが、症状が出てからだとすべて対症療法になってしまいます。

例えばこれは、『台所が燃えやすい家に住んでいて、ある日家が火事になりました。無事に火事は消えましたが、台所は燃えやすいままです。』

というのと一緒で台所が燃えやすいが「体質」火事は「症状」にあたります。

ですから症状が出る前に治療に来ていただくのがベストなんです。もし春先、花粉症を軽減、改善させたい方は今から治療に取り掛かってください。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。