二日酔いにならない為の飲んだ時のメカニズムとセルフチェック

これから色々飲む機会が多いと思います。そこで避けたいのが二日酔い

飲まなきゃいいのですが、楽しさや飲酒による自制心の欠如でやってしまうことが多い二日酔い。

二日酔いにならない為のセルフチェックの方法を書いていこうと思います。

酒を飲んで人間が酔っ払うのは、アルコールが胃から吸収されて、血液に入るからです。

よくサスペンスである血管にアルコール注射は少量で泥酔です。

吸収されたアルコールは、体内で酸化されてアセトアルデヒドという酸になります。
そしてさらに酸化が進むと、炭酸ガスと水に分解されます。これがアルコール分解のサイクルになります。

この中のアセトアルデヒドが悪酔いを起こす原因で頭痛や悪寒などを引き起こします。

人が酒を飲み終えてからおよそ1時間後に血中アルコール濃度はピークになります。
そしてそこから酸化が始まり、頭痛や悪寒を引き起こすアセトアルデヒドの血中濃度が最も高くなるのが、飲み終わってから約5時間後になります。
飲み終わってせっかくぐっすり眠っていたのに明け方に突然目が覚めてトイレに駆け込むことになってしまうのも、5時間という周期があるからなんです。
夜中の2,3時まで飲んでいたら出勤するころに気持ち悪くなってしまうんです。

二日酔いになりたくなかったら早めに切り上げるのが一番です。
又、一時間後に血中アルコール濃度がピークになるのでお酒を飲んだら1時間おきに自分の酔い加減を自覚するということが必要です。

自覚(セルフチェック)する方法として

爽快期
さわやかな気分になる
皮膚が赤くなる
陽気になる
判断力が少し鈍くなる

ほろ酔い期
手の動きが活発になる
理性が失われる(下ネタ連発)
体温上昇、脈が速くなる

ここまでが二日酔いにならない限界です。

二日酔い危険期
気が大きくなる
声が大きくなる
怒りっぽくなる
何度も同じ事を話す
水が欲しくなる

ここまで来ると二日酔いになりやすいので気をつけてください。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。

次の記事

運動をして痛む膝