背中の痛みとセルフケア

一般の治療院、整骨院では、肩こり、腰痛の次に多く症状を訴えられる

背中の痛み

大きく分けて

収縮性緊張型背部痛
伸張性緊張型背部痛

の2タイプに分けられると思います。

言葉では背中の痛みは同じでも治療方法やセルフケアは違ってきます。

収縮性緊張型背部痛

この痛みは、主に運動をする方や筋肉質な方、歯ぎしりをしたり、顎関節症、眼精疲労(近視、遠視など)高血圧、不眠症、飲酒をする方に多く見られます。
その名前の通り、収縮性なので入浴したりマッサージなどが有効になります。
このタイプの背部痛は、放置して慢性化してくると伸張性緊張型背部痛に変化してきます。

伸張型緊張性背部痛

この痛みは、主に長いデクスワーク(時間、勤続年数)朝起きれない方、筋肉の少ない運動をしない方に多く見られます。
このタイプの方は、入浴が好きですが湯船に入ると背中の痛みが引きにくいです。
又、収縮型緊張性背部痛を長く患っていると伸張性に変わる方が多いです。

収縮型、伸張型ではセルフケアに違いがあります。

背中の痛みでのセルフケア

収縮型
この痛みは筋肉が収縮している事により起こるものなので伸ばしてあげる事が必要になります。

肩甲骨が収縮しているのを伸ばしてあげたいので、有名なところで

この形や

この形で肩甲骨間を開いてあげたり

自宅でこの形をしてストレッチをかけたりします。呼吸の吸って吐いてを1セットで10セットはやってみて下さい。

伸張型
この痛みは、背中の筋肉が伸びた事により起こることなので筋肉を縮めて緩めてあげる事が目的です。

猫背で背中の痛む方はこの伸張型になります。
では、

この形で筋肉を縮めて緩ませてあげたいので
オフィスや家庭の椅子で

この形をします。

椅子で反り返るとひっくり返ったり事故が起こるかもしれないので

この形で背中をストレッチします。
吸って吐いての呼吸を1セットで10セットやってみて下さい。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。