風邪を引いている、治すとは

風邪とは、ウイルス感染による鼻、喉の炎症を伴う疾患と定義されます。

皆さんが「風邪引いた」とおっしゃるのは

発熱
鼻水、鼻閉
喉痛
倦怠感
吐き気、下痢

などがあると引いたと思っています。

しかし、それは「風邪を発症した」という状態です。

これは、皆さんでもわかる状態だと思います。

では「風邪を引いた」というのはどういう状態か?
風邪は免疫力の低下、血圧の低下により、感染症が起こりやすく、運動や出かけた後に、体中が痛いという事が起こります。
それによって出現するのは

耳が痛い、中耳炎が治らない、お腹が痛む、胃が張る、吐く、下痢、首肩(寝違い)、手足が痛い、寝付けない、起きれない、目がかゆい、身体がかゆい、頭が働かない、腰が痛い、手足が冷える、逆上せる、イライラする

などです。

これらが症状としてある方は、「風邪を引いている」状態です。

体力が落ちれば発症すると思います。
では、どうすればよいのか?

風邪は、ウイルスが体に入り炎症を起こし、血液、リンパ液の流れが悪くなり、体が硬くなり、様々な症状を起こしたり、治りにくくさせたりします。その上、現代薬品の向上により、その症状をぼかす事ができる為、皆さん休まずに仕事をしたり家事をしたり学校に行ったりします。それを続けてしまうと体の炎症が抜けにくくなってしまうので花粉症になったり、パニック症候群になったり集中力が低下したりします。

風邪を治す方法は現在の医学ではありませんが現代薬品は極力上手に使いたいものです。
漢方などは、自然由来のものが多いので薬害が体に少なくてよいと思います。また、風邪は治せませんが発症しにくくしたりすることは可能です。ではそれはどうするのか?

カイロプラクティックでの風邪の治療は、原因として炎症を起こし血液、リンパ液の流れが悪くなり、体が硬くなって様々な症状を出します。ですから、カイロプラクティックでは、炎症を抑える治療と血液、リンパの流れをよくすると共に体の免疫力が上がり、体力を低下させない為に脳の力を向上させる治療をします。
当院で健康を維持目的で定期的に通って下さっている方は、ここ数年風邪で寝込むことが無いというすばらしい結果が出ています。

風邪を治すのには、炎症を抑える事と血液、リンパの流れをよくすると体の免疫力が上がり風邪がよくなります。

自分でこれらを向上させるには、

良い睡眠、良い食事、良い運動

になります。

過去の記事に
良い睡眠、良い食事、良い運動についてに記載してあります。参考にしてみてください。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。

前の記事

手足が冷える原因と対策

次の記事

肩こりではない肩の痛み