デスクワークと背中の痛みと肩こり

背中の痛み(凝り)は、首、肩こり、腰痛の次に多く来院される症状です。

では、なぜ背中の痛みが起こるのでしょう?

デスクワークは

このような姿勢で行われると思います。
この時に体は

前腕の内旋

肩の内旋をしないと

手のひらが下を向かないのでパソコンを打ったり、字を書いたりできません。そのことが背中の痛みと関係してきます。


肩の内旋をすると使われる筋肉

肩甲下筋

大胸筋

三角筋(鎖骨部)

大円筋

広背筋
になります。

その中でも最大内旋させるのは肩甲下筋になります。

その肩を最大内旋させる

肩甲下筋
肩甲骨から上腕についています。デスクワークで手を多く使うと肩甲骨が引かれます。
その肩甲骨についている筋肉が

僧帽筋

菱形筋

肩甲挙筋

前鋸筋

小胸筋
になります。
前鋸筋と小胸筋は前側(側胸)についていますが

僧帽筋、菱形筋、肩甲挙筋は背中についています。

これがデスクワークをしていると背中がこる理由になります。

カイロプラクティックの治療としては、背中の筋肉を引っ張って血液の循環を阻害してしまう

肩甲下筋の治療をします。
この筋肉は、

上腕骨小結節というところに付いているので、背中の痛みなのに肩の治療をするわけです。その他にここを支配している神経が頚椎5,6から出ているので首の治療もします。その他にもいろいろ治療しますが、割愛します。

セルフケアとしては、

上腕骨小結節を外旋してあげて

肩甲下筋を緩めてあげます。
方法は、

肘を伸ばして手のひらを外に向ける、内に向けるを交互にするエクササイズです。

これにより肩甲下筋が伸び縮みして血液の流れが良くなります。

その他に

椅子を使って背中を伸ばす

仰向けで背中を緩める(ストレッチポールでも)があります。
この時、手のひらは顔と同じ方向を向けるようにして下さい。

それ以外に

肩をテニスボールで押さえるという方法もあります。

やってみて下さい。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。