交通事故で病院、治療院、整骨院での治療の違いは?

交通事故は、整形外科に通院というイメージが多いですが、

当院のような鍼灸、マッサージ治療院や接骨院(整骨院)なども通院可能なんです。

では、それぞれどの様に違うのか?

交通事故での各科がどのような治療を
してくれるのか?

だけができる特徴
整形外科 レントゲン、投薬(鎮痛剤、湿布) 電気療法 ストレッチ 冷、温罨法(冷やす、温める)
整骨院(接骨院) できない 電気療法 ストレッチ 冷、温罨法(冷やす、温める)
治療院(鍼灸、マッサージ) 鍼灸、マッサージ 電気療法 ストレッチ 冷、温罨法(冷やす、温める)

があります。

レントゲンと鎮痛剤を出してくれるのは整形外科だけで鍼灸、マッサージ治療をしてくれるのは治療院だけになります。

院によって多少してくれることの誤差はありますがおおまかにはこんな感じになります。

事故にあった当時は興奮状態で痛みを感じないけれども、3ヶ月、6ヶ月、または数年たってからむち打ちの症状が出てきたりします。

ですから、もし事故に遭ってしまったら通院して欲しいです。特に事故後、数ヶ月経ってからむち打ちによる症状が出てきても、事故との因果 関係が明らかに出来なくなるからです。

では、事故に遭ったときの手順として

事故が起こった場合、必ず警察を呼んで現場検証を行います。
その時、警察に「病院にいきたいのですが」というと、事故証明を取ってくださいといわれます。
これは、事故を起こした場所の警察署に取りにいきます。その後、それを持って病院に行きます。病院では、診断証明書をもらいます。
その証明書を持って、自分の信用している病院、治療院、接骨院に行って通院治療してもらいます。もし、通院している途中で病院、治療院、接骨院を変えたくなった場合は変えることが出来ます。
しかし、2つの病院を同時に行って治療することはできません。

当院では交通事故の治療(ムチウチや頚椎捻挫など)は自賠責保険が適用されますので窓口料金は必要ありません。負担金ゼロで施術を受けることができます。

後遺症が残らないように慎重かつすばやく施術しています。
施術を希望される場合は当院へ通院される旨を保険会社の担当者へ連絡していただければOKです。
事故に遭わないことが一番ですが、もし遭ってしまった場合

治療しておかないと後で痛くなっても自費治療になってしまうので気をつけてください。

 

交通事故に関して患者さんからよくある質問

1.交通事故って整形外科などの医院しかダメではないの?
いいえ。
国家資格を有する、柔整師(整骨院、接骨院) 鍼灸師(はり、灸治療院)マッサージ師の院であれば治療できます。

2.治療費は?
かかりません
交通事故の場合、自賠責保険で施術費がまかなわれますので、自己負担金はありません。

3.今通院しているところから転院できますか?
仕事などで、夜遅くなってしまい自宅近くの所に通えない為、当院に転院される方も多くいらっしゃいます。
保険会社に一言「○○治療院に転院します」と言って住所と電話番号を言っていただければ大丈夫です。

交通事故の受傷(むちうちなど)は、軽く見ていると後でひどい肩こり、めまいなどになって出るケースが多いです。当院でも8年前の事故のむちうちが起因で吐き気、めまい、頭痛の症状が出てしまった方がいらっしゃいました。8年も経つと示談も終り自己負担になってしまうので、もし事故にあってしまったらきっちりと治療してしまいましょう。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。