交通事故とむちうち

最近、自転車による事故や自動車交通事故、歩行者交通事故が増えています。

これらで多く受傷されるのはむちうちになります。今回はこのむちうちについて書いていきます。

その前に、もし交通事故に遭ってしまったらどうするか?

事故に遭ったときの手順として

事故が起こった場合、必ず警察を呼んで現場検証を行います。
その時、警察に「痛みがあるので病院にいきたいのですが」といって、まず病院に行きます。
そして、病院で診断証明書をもらいます。
その後、事故に遭った警察署に事故証明を取りにいきます。
その証明書を持って、自分の信用している病院、治療院、接骨院に行って通院治療してもらいます。その時に損保会社に通院している施設の名前、電話番号を伝えます。
もし、通院している途中で病院、治療院、接骨院を変えたくなった場合は変えることが出来ます。
しかし、2つの病院を同時に行って治療することはできません。

当院では交通事故の治療(捻挫、打撲、骨折など)は自賠責保険が適用されますので
窓口料金は必要ありません。負担金ゼロで施術を受けることができます。

全ての事故に云えることですが、その場では痛くなくても後で痛みが出ることが多いです。

これは逃避(回避)姿勢といって、事故の瞬間「危ないっ!!」
と体を事故から避けようとする姿勢になります。人間は本能的に頭部を守ろうとする為に顔を反らします。その瞬間に事故に遭う為むちうちが多くなるのです。

自転車の場合は、自動車事故と違い体がむき出しの為、事故に遭うと転倒も加わります。
軽い転倒でも逃避姿勢で体が固まった状態で転倒するので体に加わるダメージも大きいわけなんです。

逃避姿勢は
危ない

のように事故の瞬間顔を背けると思います。
ですから、首の治療では

後ろの部分
だけではなく、

胸鎖乳突筋
を治療しないとよくなりません。これは、首肩こりでも同じことが言えるのでここを治療してくれるところに行きましょう。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。

前の記事

猫背と背中の痛み