頭痛とセルフケアと治療(カイロプラクティック)

頭痛は、多くの人を悩ませる疾患です。

頭痛の種類としては、大きく分けて4つ

1.症候性頭痛
2.筋緊張性頭痛
3.血管拡張性頭痛
4.群発性頭痛

があります。今回は、この頭痛と治療について書いていきたいと思います。

1.症候性頭痛

他の病気が原因により出現する頭痛のことです。例えば脳血管障害、脳腫瘍、くも膜下出血、脳梗塞など深刻なものもあります。
ただこの場合は、吐き気、視力障害、痺れ、片麻痺なども併発するケースがあるので、頭痛だからといって軽視しないで一度は病院で診断してもらうと良いと思います。

2.筋緊張性頭痛

いわゆる「頭痛」と診断されるものの70%にあたるものといわれ、最も多い頭痛とされています。
特徴としては、肩こりや背中痛を併発します。
症状としては、「こめかみが痛む」「頭が締め付けられる」などがあります。
原因としては、姿勢の悪さ、首や肩の凝り、精神的ストレス、歯の咬みあわせ(齲歯=虫歯)等の問題があります。
長年、頭痛は見させて頂いてますが、朝から痛むパターンと夕方から痛むパターンの大きく分けて2つあります。

朝から痛むパターンは、精神的ストレスや精神的緊張と咬合の問題がある場合が多いです。
夕方から痛むパターンは、睡眠不足と姿勢問題(腰の柔軟性低下や骨盤の捻れなど)がある場合が多いです。

3.血管拡張性頭痛

血管拡張性頭痛の一番の特徴は、拍動性(痛みが脈に合わせてズキンズキンと痛む)疼痛というのが特徴になります。
原因としては、血管が拡張して起こる頭痛なのですが、なぜ拡張するのかは不明で、自律神経作用が有力といわれています。それと、特定の食品によって頭痛が誘発されるようです。最近来院した方が、病院で偏頭痛と診断されたのですが
摂取を避けて欲しい食品に、赤ワイン、チーズ、チョコレート、柑橘類といわれたそうです。
初めは、私は筋緊張頭痛を想像していたので、赤ワインやチョコレートはポリフェノールが入って血液サラサラになるからいいのでは?と思っていたのですが、
「血管拡張性頭痛」となれば話は別です。
そして、特定の食品を摂取していないにも関わらず、頭痛が酷くなる場合には、自律神経のバランスが悪いということなんですが、これは、規則正しい生活(良い睡眠)をすることで改善されると思います。

4.群発性頭痛

群発性頭痛とは、強烈な痛みがある期間毎日同じ時間(15分~180分)、日1~2回(1回/2日~8回/日)出現する頭痛を指します。症状としては、決まった片側が痛む 特に目の奥が痛いなどがあります。
目の充血、涙目、鼻水などの自律神経症状が頭痛と同側に起き易く、夜間、明け方のほぼ一定の時間(午前2時、4時など)に起こることが多いので、自律神経からの異常ではないかといわれています。(原因不明)

基本的には、頭痛が起こる時間の前に予防でニトログリセリンやステロイドを服用する事があるそうです。

今回は、頭痛と診断されるものの

原因の70%筋緊張性頭痛

この筋肉緊張性の頭痛の発症ポイントは

側頭部
後頭部

の2点が大きく分けたポイントになります。


側頭部の頭痛
側頭部についている筋肉は
側頭筋

になります。
この側頭筋は顎についている咬筋との連動もあるのでこの筋肉も緩めていかなければいけません。
それ以外にも

胸鎖乳突筋

斜角筋
が側頭筋を引っ張り頭痛を出す原因となります。ですからこれらを緩めなければなりません。


側頭部の偏頭痛の為にできるセルフケア
まずは

①口を開けて15秒

②下あごを出して15秒

③下あごを引っ込めて15秒

④下あごを右に15秒、左に15秒

次に斜角筋、胸鎖乳突筋

仰向けに寝て(座位でもOK)片手を後ろに回し

B.左下を見て軽く引っ張る
C.正面を向いて横に軽く引っ張る
D.右上を向いて軽く引っ張る

これを左右やってみて下さい。


後頭部の偏頭痛の為にできるセルフケア

顎を引いて首を前に倒す
ポイントは、「顎を引く」事。顎を引かないと首の下のほう(肩側)にストレッチが効いてしまいます。

もう一つは、呼吸を使ったストレッチ

頭を下げて息を吸い

頭を反らして息を吐く
これは、息を吸うと後頭部の筋肉が縮み、息を吐くと伸びるので、息を吸った時に頭を下げて後頭部の筋肉を伸ばして、息を吸う事で筋肉が縮む作用を使いストレッチを掛ける為にあえて反対の事を行います。

カイロプラクティックでの頭痛の治療として

一番効果的なのは

です。
特に

頚椎1番
ここは、マッサージをしても手が届かない位置でカイロプラクティックでしか治療できません。
この頚椎1番は、自律神経の中枢である視床下部に繋がる脳幹が出ています。
ですから、この部分を治療すると体の緊張と弛緩をバランスすることができます。

その他に

側頭部痛ならば、肩、股関節を治療したり

後頭部痛ならば、足首、膝を治療したり、頭痛なのに実は、頭以外に色々な所の
バランスの狂いにより症状が出現している事もあるので慢性的に頭痛のある方は治療に是非行ってみてはいかがでしょうか。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。