からだがだるくなる理由

患者さんに「今回は辛いところありましたか?」と聞くと「なんか体がだるくてね」と返ってくることがあります。

では、体がだるくなるとは何でしょう?それは、

体の色々な部分が緊張しっぱなしになっているので「だるくなる」という現象が起こります。

例えば

きついパンツやスパッツを長い時間履いていると足がだるくなります。

これが、首、背中や腰の筋肉が締め付けられ(緊張)ても同じようにだるくなってきます。血液と酸素が回らないからです。

ですから、体の緊張している部分を柔らかくするのと血液の循環を向上させないとだるさは取れないのです。

全身の血液の流れを良くしてあげて体の緊張を取って上げないと筋肉の緊張が蓄積して、前段階として足がつります。そして最悪の場合、心臓がつって心筋梗塞、脳がつって脳梗塞が起こってしまいます。

それを行っているのが、鍼灸マッサージ、整体ですので、だるさが取れない人は是非お越しになって下さい。

 

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。