膝の前、裏、内側の痛みは負担のかかっている筋肉が違う

膝の痛みはスポーツしている人、していない人に関わらず多くの人に出やすい疾患です。

代表的な膝の痛み

 

 

 

 

 

 

 

1.膝の前側が痛い人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.膝の裏側が痛い人

3.膝の内側が痛い人

があると思います。

1.膝の前側の痛む人に負担の掛かっている筋肉

前脛骨筋です。

この筋肉は、足首を

 

 

 

背屈(持ち上げる)する筋肉で縮んでしまうと膝の下の筋肉(腱)を引っ張ってしまいます。逆にこの筋肉が弱くても太ももにある

 

 

 

 

 

大腿四頭筋が強く引っ張ってしまい、膝の皿の下の腱を引っ張って痛みを出現させてしまいます。

2.膝の裏側の痛む人に負担の掛かっている筋肉は

下腿三頭筋(ふくらはぎ、アキレス腱)です。

この筋肉は膝の裏に付いているので筋肉が緊張すると膝裏を引っ張って痛みを発症させます。

3.膝の内側の痛む人に負担の掛かっている所は

足首の内側です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足首の内側には

靭帯が付いているのですがここが硬くなると関節の動きが悪くなり、下腿の内側の筋肉、靭帯が硬くなって膝の内側が痛くなります。

これらの痛みを解消するには、ストレッチもよいのですが鍼灸、カイロプラクティック、マッサージに通われたほうが早く改善するので是非行ってみて下さい。