声を出す仕事(舞台役者、歌手、声優など)の方が声が出にくくなる筋肉

声を出す仕事(舞台役者、歌手、声優など)の方がコリが出て声が出しにくくなります。

その場所はどこか?

舞台や会場でマイクを使わないで大きい声を出すときには

この様な姿勢になります。

胸を開いて気道を通し、首の筋肉で喉の開け閉めをして高音や低音を調節して出します。だから、喉の前の筋肉が盛り上がっているのが分かると思います。

この形で練習もたくさん積み、本番の舞台も沢山こなすので使う筋肉が疲労すると思ったように声が出なかったりするのをテクニックで補正すると喉や整体を痛めてしまいます。

この職業の人が疲れてしまいやすい主な筋肉は、


声帯を動かす(声の高低)事に使う大きな喉の筋肉は

甲状舌骨筋
胸骨甲状筋
茎突咽頭筋

胸鎖乳突筋の首の前側の筋肉と

背中の筋肉になります。

首の前側の筋肉は、喉の開け閉めの調整、背中の筋肉は声のボリュームの調整を行っています。

ここまで説明して治療のできる治療院ないと思いますので、声が出にくい舞台役者、歌手の方は是非いらして下さい。

 

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。