坐骨神経痛のストレッチ

坐骨神経痛の原因の多くは虚血性(血液の流れが悪い)のもの

なのでストレッチなどで、関節と筋肉を動かしてあげることは効果的です。

では、自分で出来るストレッチとして

まずは

この形からの

深く沈みこんでいきます。(太ももの前側のストレッチ)

10秒沈んで、戻して10秒を1セットで6セット

 

次に

この形(太ももの裏側のストレッチ)をとり、お辞儀をして10秒、体を起こして10秒を6セット

次に

仰向けで足を抱えて(股関節のストレッチ)10秒、伸ばして10秒を左右6セットずつになります。

太ももの裏と膝裏のストレッチ
30秒保持を3回ずつ行うと良いです。

股関節と膝の回転運動

太ももの裏のストレッチ

腰痛予防のためのエクササイズ
何処かに掴まり


この形で力を抜いて足を前後に振ります。これを左右することにより大腰筋、腸腰筋の筋肉を伸ばしたり縮めたりするのでよい運動になります。寝る前、起床後片足3分ずつやってみて下さい。

腰痛の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外旋六筋のストレッチとして



内転筋のストレッチは



になります。

梨状筋性坐骨神経痛の原因の

梨状筋のストレッチとして

股関節が梨状筋にくっ付いているので

股関節の動きを取り入れた運動をすると良いでしょう。
だだし、セルフケアはあくまで予防になるので、もし痛めてしまった場合は、すぐに整形外科、カイロプラクティック、マッサージ、鍼灸に行かれることをお勧めします。

 

ブログは朝の8:00。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院