腰痛の人がやってはいけない事は

腰痛になった人がやってしまうと次の日痛みが改善しにくい行為があります。

それは

  1. 入浴
  2. 飲酒
  3. 食事

があります。

1.入浴

入浴といってもお風呂の湯船に浸かる事です。シャワーはオッケーです。

一般的に湯の温度は40℃位に設定していると思います。その湯船に浸かると暖かいので体の筋肉は緩みます。そして、水の浮力があるので体の緊張が抜けて楽になります。

しかし、人間の平熱は36℃前後です。40℃の風呂に入ると温まってしまい、体温を36℃の平熱に保とうとして汗をかいて放熱します。この時に体が冷えて筋肉が硬くなってしまうのです。

ですから、よく「湯船に入ったら楽だったけど、次の日動けなくなった」ということが起こってしまうのです。

シャワーはオッケーです。

2.飲酒

アルコールは、肝臓で分解するのですが、筋肉も使って分解もします。ですから、アルコールを飲むと筋肉を硬くするので腰が痛いうちは絶対に飲まない方が良いです。

3.食事

食事をしてお腹一杯になると腹圧が上がります。特に炭水化物は腰痛の時に腸内で水分を吸収して膨らんでしまい腹圧を上げるので痛みが酷くなってしまいます。いつもの半分くらいの摂取が良いです。

痛めてしまったらこれらのことに気を付けると早く回復しやすいです。

 

ブログは朝の8:00。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院

前の記事

坐骨神経痛のストレッチ

次の記事

寒暖差疲労の対処