平坦な所でつまずく人は・・・・

ぎっくり腰、腰痛、椎間板ヘルニア予備軍、もしくはすでにその症状がある人です。

平坦な所でつまずくのは、足が挙がっていないから起こる現象です。

足を挙げる主要な筋肉は

大腰筋。股関節の内側から腰まで筋肉が付いています。

この筋肉が足を挙げるために使われるのですが、腰を前後に動かすのにも使われます。

足を挙げる時、

大腰筋は縮んで腰が丸まり(骨盤前方回転)、大腰筋が伸びれば腰が反ります(骨盤後方回転)。

この運動により腰の筋肉が使われて血液の循環が良くなります。

しかし、足が挙がらなくて平坦な所でつまずく時は、この筋肉が使われていないので腰の筋肉が使用されていないのと血液が流れる量が少なくなります。

そうすると腰の筋肉が硬くなりぎっくり腰になったり、痛みが出たりします。

それ以外にこの筋肉を使っていないと腰回りの筋肉を使っていないので

浮き輪のような脂肪が付きやすいです。

ですから、平坦な所でつまずきやすい人や浮き輪のような脂肪のある人は腰痛にならない為の体操、ストレッチをしたり、鍼灸マッサージ、整体に行って改善しましょう。

 

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。